これはスゴイ!50歳で転職しても年収をキープするためのメソッド

50歳で転職したら年収が一気に下がる・・・そんな常識を吹き飛ばす秘密のメソッドを教えます。

50歳の平均年収は?

50歳の平均年収は500万程度になり、男女別では男性が630万で女性は280万になっています。そのため、50歳の平均年収の特徴としては男女差が大きくなっています。女性は結婚や出産を機に仕事を辞め、育児が落ち着いてから転職などをするため勤続年数が長い男性の方が給料のアップや出世をして多く稼ぐことが出来ています。

ただ年収は全ての人の平均値になるため個人が多く稼ぐほど平均値はあがります。この年代では1000万以上稼いでいる人も多く5人に1人はいると言われています。そのため、500万円未満の人がいる一方で1000万以上の収入を得ている人がいるため格差の大きい年代とも言えます。

また、50歳の平均貯金額は単身で930万で2人以上の世帯で900万となっています。ただ、この数字も中央値になるため1部の人がかなりの貯金を持っているため平均金額を上げていて収入と同様に貯金額にも大きな差がついていると言われています。

50歳でリストラされたらどうすればいい?

以前の日本の会社では、終身雇用が当たり前で、会社も従業員を雇ったからには、定年まで辞めさせない義務がありました。しかしながら、最近では、会社の経営状態が悪化してくると、経営責任を考えるより前に、従業員をリストラし、人件費を縮小して経営悪化を立て直そうとする会社がほとんどになってしまいました。

50歳くらいになれば、本来であれば部長や課長職になっている従業員を、給料が高くなっているという理由により、リストラされることはよくあることになりました。リストラされた50歳くらいの従業員は、まだまだ働かなければなりませんので、次の転職を考え、探さなければなりません。家族のことや将来のことを考えれば、すぐにでも仕事を見つけて働かなければなりませんが、実際問題として、中高年の転職は、かなり厳しいのが実情です。

自分一人の力で転職を考えても、なかなかうまくいきませんので、専門家であるエージェントに登録し、本人のすべての経験や知識を担当者に話し、相談にのってもらい、適職を見つけてもらうのが最善と思われます。ただし、年齢のことを考えると、年収のダウンはある程度、覚悟しなければなりません。

50歳で早期退職するのは危険?

50歳で早期退職をするのはそこから年金が支給されるまでの間を余裕を持って、生活をしていくことができるかどうかということがポイントとなります。

一生食べるに困らないだけの蓄えができたのであれば、早期退職をして早めの第二の人生を楽しむのも良いのですが余裕が無いとなればかなり厳しいものとなってしまいます。
一般的に50歳の転職というのは非常に厳しいものですし、退職をしてから新しい仕事を見つける場合には年収の大幅ダウンは避けられず首を絞める結果となってしまうケースが大半です。

何か目的があって早期退職をするのであればそれもひとつの選択肢ですから一概に悪いとはいえませんが、無計画に退職をするのはかなりリスクがあるといえます。

下手なことをしなければ定年まで収入が保障されているというのは非常に恵まれていることですから、その利点を投げ捨てるだけの価値が有るのかということをよく考えて早期退職をするようにしましょう。

50歳で転職した人の厳しい現実

転職の時期は、若い世代ほど失敗は少なく、たとえ失敗したとしてもやり直しがききます。それに対して、50歳で転職した人の場合、大きな失敗は許されず、それだけ慎重さが必要になります。

50歳の場合、管理職としての採用もあれば、一般社員としての採用もあります。管理職としての採用であれば、一定の年収が保証されることになりますが、一般社員の場合、年齢に応じた給与体系に組み込まれるとはいえ、厳しさがつきまといます。

最大の難点としては、体力面が挙げられます。転職したからには、立場は新人です。その企業の経営方針から細かなしきたりに至るまで、心身共に社風に馴染んでいかなければなりません。年齢が高いほど、これまでのやり方を変えるのに苦労しがちです。体力的に余裕のある年齢ほど順応性の高さがあり、無理がききます。他の社員と比べて、遅れをとっている部分を取り戻す訳ですので、毎日が必死です。それが果たしてどの程度続くかは、本人の体力次第となります。

50歳で転職しても年収をキープするには?

50歳で転職しても年収をキープするには、一般的な方法で転職する場合はそれなりのアピール材料がなければ難しいです。

求人サイトに応募したり、エージェントに依頼したりする場合でも今までの実績や資格といったアピール材料が少しでも多くなければ年収をキープするのは難しくなってきます。

50歳といった年齢的にも勤務時間を増やしたり、労働条件を悪くしたりするのはあまり得策ではなく条件を悪くしてキープするのは難しく、客観的に見て見える能力が大事になります。

有名企業に勤めていたいったブランドや肩書も大事ですが、部長として長年勤めてきたからマネジメント能力があるといったような具体的な実績などを整理してアピールしていく必要があります。

ヘッドハンティングや天下りや仕事上のコネクションによって転職する場合は年収をキープするのはあまり難しいことではありませんが、そうではない場合は過去の実績と能力を示して仕事を探さなければなりません。転職で年収アップできる人材は、そういう人材であることが求められます。
転職の年収交渉の方法(転職年収アップ研究所)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加